Keep On Movin'

ブン殴られても立ち上がるブログ

負け犬は負け犬

暇。

何も思いつかんから、フラフラと書く。

 

そういえば、この前MC BATTLEの大会に出場して。

そん時の事書きますね。

 

 

通常はDJが既存のインスト、バトル用ビートを流すけど、今回は生バンドの演奏がビートになるっていう、結構珍しいバトルだった。

先攻がどういう感じで、と指定すると即興でその指定した感じでやってくれる。バンドもラップも即興。素晴らしいなと感じる。

 

1回戦は初っ端。相手がトイレから出てこず、違う人が相手に。BBさん。30はおろか40近い位の厳つい人。ラップ酒場で見た事あったけど、初対戦だった。

ジャンケン負け先攻。「ノリノリなやつ」の指定ビート。早めのビートで、少し押し切って勝利。

 

2回戦。すぐ来た。10人位しか出てなかったと思う。

相手はドレッドヘアーの若い子。確かフランク、って名前だったと記憶してる。18〜20くらい。クールかつタイトにラップしてる感じは前にやった試合で見受けた。

ジャンケン勝ち後攻。BPM90くらいのやつだったけな。ちょっとヤバイかなーと思ったけどバイブスで押し切り何とか勝利。冷や冷やしながら決勝へ。

 

そんで決勝。前にラップ酒場で決勝行った時は足がブルブル震えてたけど、今回は何も無かった。平常心。いいぞ。いい感じだ。

相手は前回チャンピオン。silver doggさん。22〜28くらい。バチっと決まった髪型。初戦から何かヒラヒラした感じのラップだったなって感じ。

ジャンケン負け後攻。ビートどんな感じだっけ、忘れた。今までは8小節×2本が、決勝は3本。

勝って先攻だから、なんか言いたい事あんのかなと思ったら全然無かった。

だからバイブスでワッと行った。でも「バイブスがナンボのもんじゃい!」ってアンサーな感じ。うーん、それバイブスやーんって思った。

後攻3本目で相手がラップ中に顔芸でおちょくり出した。

「何だ猿みたいな顔しやがって、お前は日光江戸村がお似合いだ」

みたいな事を言った。マイクを落としたからそこを指摘したりして。

判定は割れた。司会のTKda黒ぶちさんは時計を見て苦笑い。クローズ時間が過ぎてるのだろう。

 

延長。先攻後攻入れ替わり8小節×2本。指定は「ファンキーな感じ」。

試合が始まる前に相手の怖そうな兄さんが「ど突いちゃっていいよ!」と一喝してきた。昔のヒップホップ現場によくあった光景だ。

某MC BATTLE大会にて某MCが負けた時、その取り巻きが「あいつぶっ殺しちまおうぜ」なんて言葉が出ていた。

 

まさか俺にまで来るとは…

 

「ど突いてくれ、ど突いてくれ、俺が気に入らなきゃど突いてくれ。でもな、もし俺がヤバかったら手を挙げてくれ」

と最初かました気がする。その後もバイブスでいった。バチっとアンサー返されて負けた。

 

結果は準優勝。

 

「RAP酒場」っていう、初心者大歓迎のバトル練習大会みたいなのでは準優勝はした事あったけど、一応大会の最高成績。

 

降りて、負けたかーってなった時、女の子から冷たい目を浴びせられました。

やっぱり優勝しなければ負け犬は負け犬なんですね。いつか俺のファンにさせます。

 

終わった後、バトル練習会に来て下さってお話しさせてもらっていて、会場に遊びに来ていたはなびさんと会話。

「どうだ、ぶちかましたか?」

「いや…決勝で延長で負けました」

「…そうか。でも、俺よりバイブスがある奴じゃなかったろ」

「…まぁ、そ、そうですね。」

ニカッと笑って下さり握手して下さりました。ありがとうございました。

 

ちょっとずつ、バトルで余裕が出てきた気がする。今まではいっぱいいっぱいだったから、これも顔を出してるバトル練習会のおかげかな、という実感があった。

 

同じ大会に出てたAGOBOYくんもかましてたんだけど。。。うーん。。。難しいっすバトルは。

 

 

 

 

 

さて。

仕事明けたら、秘密の12時間特訓。

次の日は月1開催「RAP酒場」。

RAP酒場は、これから仕事勤務日程が変更になる為、俺は今年で最後。

バッチリ優勝、もらってきます。

 

MC MOVE