読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常

やられたら陰湿にとことんやり返すブログ

2016年 上半期に出た、興味がない人に薦めたい9つのMV

今年も上半期が終わった。

ていうわけで、上半期MV(1/1〜6/30)の良作を振り返り。

 

MVは、本当に音楽が興味のない人も見てほしい。その曲の世界観が映像でバチッと決まってしまうために、いろいろと試行錯誤して練って練って、完成させるのだ。

メジャーなら色々金を積んで完成させる(もちろんそうじゃない人もいるんだろうけど)が、インディーズやメジャー出たては色んな事をして映像を作る。ダサいのもあれば、いいのもある。しかしみんな本気なのだ。その本気が詰まっていて、自分の心に刺さったMVを紹介したい。

 

 

group_inouCATCH

f:id:dope9328:20160630034311p:image

group_inou / CATCH - YouTube

 

・曲とアニメーションMVのベストマッチ

group_inouのMVに欠かせないAC部というアニメーション・ユニットを起用し、そのAC部の独特な画風×group_inouの独特な雰囲気の曲の化学反応が毎度の如くリスナーの鼓膜に中毒性を産んでいる。このMVは集大成になるかというくらい、いままで排してた色使いをことごとく排除しながらもその画風は健在。未見の方はこのワールドにハマってほしい。


南風とクジラショート・ショート・ストロベリー

f:id:dope9328:20160630034447p:image
南風とクジラ 「ショート・ショート・ストロベリー」MV - YouTube

 

・物語MVにレトロ風味 × クズ男という斬新さ

大体、インディーズバンドは初めて出すMVで雰囲気や立ち振る舞いが決まる部分がある。これは物語MVで、かなり博打な勝負に出たなという印象だが、今までのインディーズバンドの物語MVとは違い、バンドの色が抜きん出ている。ギターボーカルのみとうポイズンのクズ男加減の演技が好演。ただ、最後の訳がわからない三文芝居CDPRはマジでいらない。


uchuu,SI(G)N SEKAI

f:id:dope9328:20160630034611p:image
uchuu, "SI(G)N SEKAI" (Official Music Video) - YouTube

 

・第2のHaKUとなるか?宇宙観を想起させる正統派MV

MVで宇宙観(ふわっとする浮遊感を想起するイメージ)を出すバンドはたまにいる。その中でMVで気持ち良く浮遊感のある表現が出来たバンドだったのはやはり名残惜しくも8/18に解散するHaKU。ハスキーなボーカルと宇宙観は当時の音楽シーンに爪痕を遺した。その後釜、つまり第2のHaKUとして、今の音楽シーンに無くてはならない存在になってほしいところ。バンドの演奏シーンが中心の正統派MVは、こちらを気持ち良い気分にさせてくれる。この路線が続ければいずれはもっと化けるだろう。


銀杏BOYZ生きたい

f:id:dope9328:20160630034820p:image
銀杏BOYZ - 生きたい (MV) - YouTube

 

・360度回るMVで魅せる、峯田和伸の本気の情熱

かつて4人体制で生々しい青春をロックで赤裸々に奏でた銀杏BOYZも、今や峯田和伸1人。俳優業もこなし、音楽も?と、まるで星野源みたいなスタイルに疑念を抱いた人も少なくはないだろう。しかし、これを観ればそう言う人はいなくなると思う。カメラがひたすら360度周り、歌う等身大の峯田和伸を見せる。不恰好かもしれないが、本気がビシビシ伝わってきて、最高の峯田和伸がここに見れる。銀杏BOYZは、未だ終わらない。そう思わせてくれる、魂の十数分の映像。


underslowjamsPrime Shock

f:id:dope9328:20160630034947p:image
underslowjams / Prime Shock - YouTube

 

・お洒落+女+HIPHOP=MUSIC is 最高!

最近はシャレオツなHIPHOPが流行りを見せている。例を挙げればSuchmosなんかがスゴイお洒落だ。ただ、underslowjamsはMVにほぼ顔出ししない。ひたすら妖艶に躍るセクシーな女の子や、お洒落な映像が画面いっぱいに溢れる。彼女と家でデートしてこの音楽をYouTubeで流そうもんならもうこの人についていく!ってなるだろう。ならない女は女じゃない新撰組斉藤一の言葉を借りればただの糞袋だ。気持ち良い音楽が身体を包み込み、視覚でもしっかり忘れないお洒落な映像は、音楽って最高だなという再認識が頭に浮かんでは離れない傑作。


あらかじめ決められた恋人たちへgone feat.曽我部恵一

f:id:dope9328:20160630035130p:image
あらかじめ決められた恋人たちへ「gone feat.曽我部恵一」MV - YouTube

 

・若者感情移入禁止!全ての楽しい事を忘れた年配者に捧ぐ、上質なMV

「年取ったって、楽しい事したいじゃん!」って、素晴らしい事である。邦楽インストゥルメンタルバンドの最高峰とも言えるあらかじめ決められた恋人たちへのメロディに曽我部恵一の甘い声が乗り、このMVは気持ち良いものになっている。年配者にスポットライトが当たるMVって、なかなか無いから良い。


スカートCALL

f:id:dope9328:20160630035305p:image
スカート / CALL 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 - YouTube

 

・構図の妙。映画?いやこれはMVだ。

カットがいちいち小気味良い。照明や撮影がキチンとなされてるMVは、もはやMVじゃなくて既存映画のMADなんじゃねーのかみたいな雰囲気を生み出す。足のドリーショットだとか海岸沿いの自動販売機だとか、おい、そんな綺麗に女子高生を映すんじゃないよ!と嘆いてしまう。完成度、という点ではピカイチ。青春時代を懐かしみながら見たい。

 

The fin.Through The Deep

f:id:dope9328:20160801031820p:image
The fin. - Through The Deep - YouTube

 

・異空間、異世界、異次元音楽

何なんだよこの出で立ち!どっかのヘンテコファッションショーみたいな、ホームレスよろしくな服を着た美女がクソジジイと戯れてるだけ。でも、何なんだろう、音楽と世界観がグルグル回り、自分もその場にいる感じが生まれる。だから、ラストシーンに「クソジジイてめぇー!!」ってなる。歌ってる奴らもお前ら危ないぞ!ってとこでカッコ良い。異世界は何だってありなのだ。

 

歌うアホウドリ灯台

f:id:dope9328:20160630035712p:image
歌うアホウドリ - 灯台 - YouTube

 

・閲覧注意!殴る蹴るのバイオレンスラブストーリー

今日1番の「誰やねんお前ら」が心の声として聞こえました。さて。こういうヒシヒシくる物語MVは本気で良い。イースタンユースのような魂こもった曲途中の転調から暴力開始。転調が急すぎるから身構えながら観た方が良いかもしれない。矢口真里の元旦那もこのくらいすれば良かったのにね。最後の方のシーン、暴力と愛、これは本当に考えさせられる。監督にお会いしたくなった。

 

 

 

 

以上9つ。

幅広く調べていくと結構面白いMVは沢山あります。

是非楽しみながら探して下さい。

 

 

 

 

 

ちなみに。

岡崎体育「MUSIC VIDEO」は除外しました。体としてはMVへのとめどない嫌がらせだからです。

 

 

 

 

 

 

それでは。